DSC_1806

あだると山の会は今年で創立40周年!

ということで記念山行が計画されているわけですが、山頂で40周年を祝う写真が撮りたい!
そんなときに何か旗とかあったらいいよねー……という話が持ち上がりました。

おまかせ下さい!!

40周年記念誌部会では色鮮やかな周年記念旗を作成しました。

★旗に込められた意味

・山のシルエットは左から宝満山・由布岳・鑓ヶ岳・久住山・英彦山です。
 福岡の山の会ならではの近くの低い山から、ちょっと遠くの高い山までを登る会ですよ!という意味が込められています。

・レインボーは春夏秋冬と多様性を表現。
 四季を通じていろいろな人たちがいろいろな山に登るという多彩さをストレートに虹色であらわしています。

★この旗の大きさと特徴

・大きさは約京間の畳一畳分です。(約170cmx78cm)

・素材は「メッシュターポリン」という耐候性・耐久性のある素材を使っています。
 写真では少し白っぽく見えるのは背面の白い壁が透けているからです。
 小さな孔が無数に空いていることで山頂で風にあおられても、風を通すことで耐風性を発揮します。

・上下に袋縫い、外周にはハトメがあっていろんなところで使えます。
 紐やポールを通せるように上下は袋縫いされています。
 また外周には6箇所ハトメが打ってあり、袋縫いと相まって掲示や固定に柔軟性があります。

・毎年使えます。
 40周年の部分は印刷ではなくカッティングシートで数字を貼付していますので、41年・42年・43年と数字を変えることで毎年使えるようになります。

★この旗は会の事務所にあります

・山行で必要な場合は運営委員ひと声掛けて、ぜひ40周年山行の記念に使って下さい。



■6月11日に記念誌にのせる記念集合撮影を行います!

本来は4月の総会にて行う予定でした、記念誌に掲載する集合写真を6月11日の例会にて行います。各自、おめかしをしていらしてください。

(by 763酒井)